湿度が低く乾燥しやすい季節にぴったりの、冬用の基礎化粧品をご紹介しています。しっかりと保湿できるというだけでなく、うるおいが持続するかというところにも注目して選定しました。肌が乾燥しやすい方や、乾燥によるかゆみや皮むけなどの症状が気になる方は、ぜひこちらをご覧ください。

冬用の基礎化粧品を選ぶ3つのポイント

冬用の基礎化粧品はここに注目して選ぼう!
水分蒸散を防いで湿度が低い時期を乗り切る
冬は湿度がとても低くなるので、肌の水分を奪われてしまいます。それを防ぐためには、水分を肌に閉じ込めていくように、しっかりとフタをする必要があります。できる限り水分を逃さない成分を配合しているものを選びましょう。
肌のバリア機能を高めてかゆみや皮むけに対処
乾燥する時期になるとかゆみや皮向けなどの症状が現れてきます。どうして起こるのかというと肌バリア機能が低下しているためです。乾燥による様々な症状を防ぐためにも、しっかりとバリア機能を高めておくことが重要となります。
保水力を高めて乾燥から肌を守る
冬は湿度が低い分、肌にしっかりと水分をためておく必要があります。そのためにも肌の保水力アップは必須です。肌の水分量を高めて長時間キープしてくれる成分が配合されているかをチェックしましょう。

冬用の基礎化粧品おすすめランキング

アヤナス
肌の水分蒸散を防ぐために「高浸透グリセリン」と「ヴァイタサイクルヴェール」を配合しています。これによって、肌の水分をしっかりと閉じ込めておけるようになるので、湿度が低い時期でも肌が乾燥しにくくなります。また肌のバリア機能を高める「ヒト型ナノセラミド」を配合しているので、乾燥による症状を抑えるとができます。
水分蒸散を防ぐ:◎ バリア機能を高める:◎ 保水力を高める:◎
アスタリフト
水溶性コラーゲン・浸透性コラーゲン・ピココラーゲンという3種類のコラーゲンを配合しているので、肌の保水量を大幅に高めることができます。また、世界最小クラスのヒト型ナノセラミドを配合しているので、肌のバリア機能を立夏利と高めることができます。乾燥しやすい冬でも満足度の高いケアができます。
水分蒸散を防ぐ:○ バリア機能を高める:◎ 保水力を高める:◎
ライスフォース
肌のバリア機能を高めるセラミドをしっかりと補給できるので、乾燥による症状にしっかりと対処することができます。肌の炎症を抑える成分が配合されているので、赤みなどの炎症を抑えるのにも役立ちます。また、保水力に優れた保湿成分を配合しているので、長時間うるおいを実感できるところもポイントとなっています。
水分蒸散を防ぐ:○ バリア機能を高める:◎ 保水力を高める:○
米肌
肌の水分を逃がさないように「グリコシルトレハロース」という成分が配合されています。空気中に肌の水分が逃げないようにしっかりとフタをしてくれるので、乾燥を防ぐことができます。また、セラミドを作る「ライスパワーエキスNo.11」が配合されているので、肌のバリア機能を高めることもできます。
水分蒸散を防ぐ:○ バリア機能を高める:○ 保水力を高める:○
オラクル
60種類以上の植物から抽出したエキスを使用して作られた完全無添加の化粧品です。植物の持つ保湿力を肌にしっかりと浸透させることによって、うるおいの続く肌へ導くことができます。ターンオーバーを促進するオタネニンジンエキスが配合されているので、肌のバリア機能を高めるのに役立ちます。
水分蒸散を防ぐ:△ バリア機能を高める:○ 保水力を高める:○

最も満足度の高い冬用の基礎化粧品はこちら!

冬用に最適な基礎化粧品は「アヤナス」です!
水分蒸散を防ぐから湿度が低くても乾燥知らず
⇒ 角質層内部にフタをする「高浸透グリセリン」と肌表面にフタをする「ヴァイタサイクルヴェール」という2つの成分によって、水分蒸散を徹底邸に防ぐことができるので、湿度が低い冬でも乾燥が気にならなくなります。
肌のバリア機能を高めて乾燥による症状を抑える
⇒ 肌のバリア機能を高めてくれる「ヒト型ナノセラミド」を配合しているので、かゆみや皮むけといった乾燥による症状を抑えることができます。また、炎症を抑える「コウキエキス」も配合されているので、乾燥によって炎症を起こしても素早くケアすることができます。
保水力を高めて長時間乾燥しない肌へ
⇒ 肌の水分をいっぱい貯め込んでおけるように、コラーゲンを生み出す「CVアルギネート」を配合しています。肌のコラーゲン量がアップすることで、水分を肌にたっぷりと貯め込んでおけるので、時間がたっても乾燥しにくい肌へ導くことができます。

乾燥を徹底的に防ぐ成分がたっぷりと配合されているのは「アヤナス」だけ!